Solo Exhibition at Beautrise

2019.03.28

2018年の個展は、広島県福山市にある素敵なアトリエ兼ショップで行うという、普段にはない場所での企画でした。内容としては2017年に行った「道化の森が眠る頃」をベースに、表に出してないものや新たに作り追加したものを合わせて。この時も全てRoonee 247 Fine Artsにお任せし、ディレクションから全てお願いしました。

実際福山のBeautriseに行ってみて、初めてどんな感じに展示されているのか、何が展示されているのかが解るという状態。

ちょっと解りにくいというか行きにくい場所にあるけれど、それもまた面白いものです。まぁ、車で連れて行ってもらったから実際初めての場所に行く上での苦労皆無だったんですが。

こんな感じで、アトリエらしく様々なものに囲まれながら飾られておりました。

白くない壁もパキッとした見せ方じゃないのも新鮮。こういうのいいなぁ、と思ったんですけど「いいなぁ」と思わせるセンスが飾る方にないと「いいなぁ」にはならないんだろうな、と後で気付きました。

そして。

此処、このランプと壁とブロムオイルと、この感じがとても気に入ったんですよねぇ。いい展示をしてもらいました。BeautriseにもRoonee 247 Fine Artsにも、感謝しまくり。

たった1週間という短い期間ではありましたが、ありがたいことに何点も貰い手が現れまして嬉しい限りでした。こういうのは大体企画側の努力の賜物です。

今年は方向を少しだけ変えて、また作り始めています。

いつ発表出来るかは解りませんが、まぁきっとその内。

スポンサーリンク

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。