Noah SUZUKI
Bromoil Photography

Inking on 20×24

やるぞやるぞと思いながら、中々手をつけられなかった20×24サイズの印画紙に作ったマトリクスへのインキング、数日前から漸く作業開始した。16×20には既に何度か挑んでいて、毎回やる度にエネルギーの消耗が激しく、終わった後にはフラフラになるものだから尻込みしていたけど、そんなことを思っている場合ではない!と奮起した数日前。

初めての20×24は、ただ取り敢えず挑戦しただけ、そんな状態。完成したと言えば完成したし、50分という短い時間で終えたことはすごいなーとは思うけど、ただそれだけ。そんな出来上がり。

それを踏まえて2回目。

諦めない!投げ出さない!根性!みたいな気合を入れて挑んだインキング。

最初の作業で、そのマトリクスの調子の良さがわかる。これは良さそう、でも黒が多いから長そう…。

この辺で、もう疲れてる。

改めて見ると馬鹿でかい。これをブラシだけでやっていくって気が遠くなるな!とか思いながらやっていく。

最近大きいのをインキングする時よく起こる現象のまま行くと、多分この辺で諦める。

でも、本当は此処からが本番。此処から黒が漸く深くなっていく。

もう疲れきってて、まともに撮れてないけど、これで完成。

此処までいって、作業時間は大体1時間半。もう本当に疲れたし運動したかなーなんて思ったけど、作業時間は思ったほど長くはなかった。

20×24で作ったマトリクスがあと何枚かあって、それが終わったら作らない!と最初は思ったけど、手元にある20×24印画紙を使い切るまでは作ろうかな、くらいにまでは気持ちが軟化した。やはり、何事も思い切って飛び込んでみるのが一番か。

22 / 09 / 2021

Oil print – 2nd

今年に入ってから始まったオイルプリント制作。

まずはゼラチン紙を作ることから始めようと、あーだこーだとやっていた。1月に作った頃は身体が慣れてなくて感覚を掴めてなかったこともあって、大抵が失敗だった。でも、それは感覚云々の問題では無かったな、と今になって思っている。

レシピを変えたら、うんざりするような失敗の日々から脱出したから。今までを考えると、とてもスムーズに作れるようになったから。あれはなんだった?って程の差が出るもんだから、レシピの重要性を痛感せずにはいられない。

1枚作っては乾かし、乾くまでには3日は掛かり…そんなことをしていた最初のレシピ。ガラッと変えたら、作りやすいどころか乾くのも早い。そして乾かす時の収納方法も変えたから、1度に6枚は作れるようになった。

楽。ゼラチン紙を作ることが圧倒的な障害と思っていたから、この呆気なさ。この後もどんどん躓くだろうけど、一先ず安堵している。

夏は気温を考えるとゼラチン紙を作ることは出来ないけど、10月くらいになったら再び量産していきたい。それまでに、一度露光&インキングをやってみるつもり。

07 / 07 / 2021

Graphic Chemical and Ink !

GRAPHIC CHEMICAL社のインクを買った。

OFFICIAL WEB SITEがオンラインショップも兼ねていて、日本にも送ってくれそうだったから勢いに任せて買うことに。

サイト上で購入完了したのが4月10日、長旅の末到着したのが4月22日。12日掛けて無事に我が家へやってきた。USPS(アメリカ合衆国郵便公社)のFirst-Class Package International Serviceでの配送だった。

2021年4月の時点で、インク2缶(1缶 1lb)で送料が46.05ドル。

日本に向けて飛行機で飛び立ってからは3日間程度で到着したから、それまでの手続きが色々と長かったよう。大体の状況はトラッキングで確認出来るから、がんばれーと応援しながら待っていた。

まぁ、EMSの状況などを考えると、とてもスムーズにやってきてくれたように思う。なんだかんだで、もっと時間が掛かると思っていたから安堵。

これで、エメラルドグリーン不足に嘆くこともなくなるでしょう!1缶だけっていうのもなぁ…と思って違う色もチョイスしたから、それもそのうち試したい。大全紙のインキングで使う分も充分確保出来たから、なるべく早く手を出してぐったりしていきたい。

24 / 04 / 2021